今日から始めるキレキレ日記

今日から始めるキレキレ日記

徒然なるままに日暮らし

Day.188 イメージコンサルをやってみたい

f:id:ki0ki0ki0:20210330012724p:plain

 

こんにちは キレキレです。

(今日は時空が歪んでいるよ!未来から過去へ帰るね!)

 

実はダイエットを続けているのですが

(周知の沙汰)

きょうはもりもり糖質を摂りまくりまくりました。

 

1500キロカロリー前後を摂ろうね!

というあすけんのアドバイスを完全に無視。

2100キロカロリーを摂る。

 

糖質は100g前後に収めたい(最大190g)

ところを266gですか!わお。

どうしてしまったんでしょう。

「溢れ出る食欲を抑えきれなかった・・・」

痩せてる人ってどうやって痩せてるんだろう・・・

いや、目標体重には到達したけども、

+1.5キロくらいしてしまってるわけですよ。

 

いや〜〜〜

夜にご飯とお芋食べちゃったの罪深い〜〜〜〜

ガトーショコラも食べてる〜〜〜〜(あっ)

 

でも仕方ないよね。

また明日から頑張ろう。

 

 

 

キレキレスクールに行こうかな

 

キレキレの最近やってみたいことは

イメージコンサルタントである。

 

どんな服を着ればいいのかな

どんな髪型やメイクが似合う?

どんな色が似合うのかな?

 

みたいな。

素敵になりたい人を素敵にしていくお仕事がしたい。

 

 

この方のように女性版垢抜けコンサルというものをやってみたい。

スクールを卒業するころにコンタクトを取れたらとってみたい。

(打診してみるってことが大事よね。)

 

 

それで、スクールなんだが、

候補が2つあって

 

 

この2つを今のところ候補にしている。

顔診断があるから後者の方がいいかな〜なんて漠然と思っている。

資料請求したり、今度説明会を受けてみたりしようと考えている。

 

技術やノウハウを学ぶということなので、結構な額はするけども

ひとつ覚えている名言を活用すれば

「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ」

である。

 

矯正と同じくらいの価格するんで、正直とっても迷うのだ。

しかし、将来的にやってみたいことの一つだし・・・

というのも

 

  • お化粧の仕方に悩む自分
  • 正直シャドーとかハイライトわかったふりしてわかってない
  • 誰かを似合わせしたいけど知識が身についてない
  • 自分を垢抜けさせる根拠の元となる知識が欲しい
  • 一生美しくありたい
  • 誰かを垢抜けさせたい
  • 結局化粧品って何なのよ!
  • 垢抜けさせるポイントって何なのよ!
  • 服も化粧品も多すぎて訳がわからないよ!
  • 似合わないものや使い方のわからないまま消費できないものを減らしたい・・・

 

など、おしゃれに対するいろんな悩みがあるじゃないですか!

「あー・・・、独学すると根拠が曖昧で時間かかりすぎるし結局不透明なお金もかかるな。スクール行った方が効率よく開業できるわ。」

なんてことを考えている。

 

しかしトータル80万くらいかかるので勇気がいる。

いやいや、でも独立したいしなあ。

ダイキさんみたいになりたいしなあ!

(その金額で開業の知識得られたらお得では?🤔)

 

挑戦せずに今の仕事をずるずるやってて良いのか?

そんな止まったままの人生でいいのか!?

いや、よくないだろう!!!

 

婚活もしてないしな。

それに垢抜けてたほうが出会いのチャンスがあるのでは

(あるかも)

 

 

そして1番の目的があるでしょう!

ほら!1番の目的!!!

BTS!!!

 

 

BTSのようなお肌になりたい

 

いや、もう、ほんとに、

BTSを知ってからまだ半年しかたってないんだよ?

信じられる????

 

こんなに何にでもBTSに結び付けようとする人生想像できた?

ノンノンだよ。

 

ああ、人生楽しい。

BTSを知ってから人生楽しい。

オタクが何かにどハマりするとそれまでの人生何して楽しんでたかわからなくなる

みたいな話を聞いたことがあるけど(Twitterで)

本当だな。

何して生きてたんだろう。

(実際楽しかった記憶はあるし何をしていたのかは覚えているが、今ほど生き生きとしていただろうか・・・???)

 

 

それで本題なんですけど

BTSって肌つるつるというかとぅるとぅるじゃないですか!

光・・・!光り輝いてる・・・!

そのお肌に私もなりたい。

 

なんです?修正ですって?

まあ、紙面状などでは修正入りますでしょうそうでしょう。

大丈夫です!キレキレPhotoshop使えます!(そこじゃない)

 

で、あとはきれいに写真撮って加工して・・・

っていうのもそうなんだけど、

我々同じアジア系民族じゃないですか。

 

遺伝子的にはとても近いお肌のはず!

ということはね。

きっと何かしらやり方があるのではないかなと勘ぐるわけですよ。

実際韓国に行ってデビューされている日本人の方も数多くいて

とぅるとぅる肌になっている。

お金はや時間をもちろんかけているけども

我々にもできることはあるのではないだろうか。

どんなことをすればそのような肌に辿りつくのかを知りたい。

そして、それを望む人々に、その道の辿り方を共有したいのである。

 

 

【どうすればBTS肌になれるのかキレキレ予測】

  1. 美容皮膚科に通う:肌質を改善していくのって美容皮膚科が手取り早いと思っているキレキレ。でもお金かかるよね。わかる。でも表に立つことが仕事ならお金かけても美しくなると思う。実際韓国にはエステと皮膚科の中間にあたる部門があるらしくBTSも定期的にそう言う場所へ通っているそうだ。え?日本にもそういう場所が必要だと思うのだが、現状ないので美容皮膚科。そしてやはりやりたいことをやるにはお金が必要。そのためにキレキレはお金を稼ぎたい。そして価値を提供できる者になるのだ。日本人を美しく仕上げる人になりたい。おっとこれは美容師免許も必要か?ソワソワ
  2. スキンケアを学ぶ:美容皮膚科に加えてご自宅でのケアは必須。BTSも化粧水とかパックとかいろいろやっていた。前記のエステと皮膚科の間の先生(多分医師)のアドバイスを元に知識をつけているのだろうと推測される。独学じゃないってところが良いよね。どんな成分が何に効くとか自分の肌の悩みに対しどんなアプローチをすれば良いか、知らない、または曖昧なままにしておきたくない。よし学ぼう。
  3. メイクの知識を学ぶ:一流のメイクがあってこそ!やはり技術よ!確かにそう思う。でも我々にもある程度の知識が必要である。わからないことをわからないままにしておいたのでは成長はない。何より私は求めている「求めよ、さらば与えられん」である。正直現段階では化粧品って何でできているかも知らずに肌に塗りたくっている。それで良いのか?キレキレ?いや、打破しよう。
  4. 食事と運動:ベースって大事よね。栄養知識をつけよう。そしてしなやかでスリムボディ手に入れる。はい次(短い!)
  5. イメージコンサル:これよ、最終的に総合的にその人を素敵に見せれる技術。BTSだって最初から垢抜けボーイだったわけではない(ある程度自分でかっこいいを作れる少年だったかもしれないが)さらに垢抜けるいかにも✨芸能人✨とか⭐️スター⭐️であったわけではないだろう。ではそこに到達するまでに何があったのか、痩せるはもちろんのこと、何があなたに似合うかというプロの手が入っていると推測する。美容師さん、メイクさん、スタイリストさんなどである。それぞれの身長、体つき、顔つきなどスタイルをみて、本人や会社の要望を踏まえた上で総合プロデュースが入っているわけだ。それはもう、一人の人間を仕立て上げる。レベルアップキラキラさせちゃう魔法である🧙‍♀️✨この魔法をキレキレは習得したいのである

 

以上のような推測ができるわけだが、

つまりお金と時間がとってもかかっている。

個人に反映させる時間もそうだが、技術者が技術を手に入れる時間と労力も加味するとその時間は膨大で計り知れない。

(ああでも楽しそう)

 

つまり、それだけの労力や努力があって

一つの作品のような形で彼らの美が保たれているわけだ。

そうすると一個人が一人の力でどうにかするのはよっぽどそれに立ち向かう気力がなければ限界なんて見えていると言うわけである。

 

「どうしてこんなに肌がきれいなのかしら〜」

「自分もこんな肌になりたい」

とおもうのなら必要なものは多くあるとおもう。

時間、お金、労力、続ける意識

 

ちょっと大変かもしれないけど、

しかたないじゃないですか。

BTSが好きなんだよね?

美しいものが好きなんでしょう????

 

人間がそう言う生き物なのかは知らないが、

少なくとも私はそう言う嗜好で生まれてきてしまったようなので、

そういう自分を見ないで生きるよりも受け入れて生きていこうと思う。

多分その方が楽しい気がする。

 

 

と、まあ、

そんなことを考えています。

 

楽しみだね。

どうなるかなんてわからないけど。

やってみないと。

やらなかったことで、「やっておけばよかった〜!」なんて人生後悔したくないし。

 

いまからやれることをやっていこう。

正直お金使う不安はあるけどね!

それでも適性なリスクを取らねば。

間違えたら、やり直すしかないな!

うまく生き生きと生きている自分ならいいな!

 

ということで、今日はここでおしまい!

また明日お会いしましょう!

今日もありがとうございました!