今日から始めるキレキレ日記

今日から始めるキレキレ日記

徒然なるままに日暮らし

Day.197 ビビンパ弁当の話/ペルソナマーケティング

こんにちは キレキレです。


今日は作ったナムルでビビンパを作ってみました。お昼のお弁当です!

写真は撮り忘れたけど記録としてメモする。


作り方が簡単すぎてお弁当の神だった。

朝に弱い私でも大丈夫。


🌟ビビンパ弁当の作り方🌟

○材料

・作り置きしたナムル3種

(にんじん、もやし、ほうれん草)

・お肉

・キムチ

・ご飯


①ご飯をお弁当箱に詰める。

②お肉を焼く、焼き肉のタレとか好きな味つける

③ご飯の上にナムル3種とお肉とキムチ詰める。


完成!!!

いいね!お肉焼くだけ!最高!


キムチは余っていた白菜を塩揉みしておいて、キムチの素と一味唐辛子をふりかけた、「エセキムチ」なるものを作ってみたんだけど、まあまあ、いいでしょう。味は問題ない。むしろしょっぱくてご飯のお供。


お弁当に詰めて最後にコチュジャンを追加したんだけどこれがまたいい感じだった。

欲を言えば温玉を載せたかった。コンビニで買って昼に乗せるという手もある。



ナムル3種は作り置きできて転用できて便利だ。なぜもっと早く気がつかなかったのだろう。野菜もたくさん摂れるし、ダイエットアプリのあすけんは今日とても褒められた。92点だった。3食お米食べたけど。



お菓子を今日も抜いてみたが、

カロリーオーバーしないし、

食事の満足度が高い。

正直糖質(ご飯、麺、パン)を適量食べても問題なさそうなので、お菓子より主食取った方が栄養素的にもカロリーにも心にもいいことに気づく。


でも砂糖の誘惑はすごい。

10時ごろにおやつとりたくなるし、

16時ごろおやつ食べたくなる

しかしまやかしだと思ってやり過ごすと、

昼ごはんが美味しくなる

夜ごはんまではきついけど夕飯を食べる幸せがいつも以上な気がする。


脳が砂糖を覚えているから食べたい欲はまだまだあるけど、2週間お菓子食べなかったらどうなるのかしら気持ちに変化はあるのか、そして身体に変化はあるのだろうか…


---


SNSマーケティングについて考える



一応マーケティングの授業を受けたことがあるキレキレ。ペルソナという言葉も内容も知ってはいるがあまりピンと来ないでいた。内容を聞いてもそれで効果が得られるのか半信半疑だった。


調べてみるとSNS運用にはどのような人格を与えるかが大事らしい。

Twitterのシャープさんといえば、シャープ製品についてなんでも答えてくれる、他社製品を勧めたり、ちょっと面白いツイートをする人、みたいなイメージが湧く。こういう人格を設定して貫き通すことがSNS上手く使うコツらしい。


最近Twitterでよく見るアカウントがある。可愛くてキラキラしていて名前はオシャレなアルファベット一文字とかだったりする。

そしてフォローしてしばらくして同じようなアカウントがいくつもあることに気がついた。


後ろ姿で写る可愛らしい女性たち。

スタイルから相当な美人だと思うし、ツイートを見てみるととてもよく似ている



最近このようなオシャレアカウントをよく見かける。可愛すぎて気になるし、紹介するものも素敵だし、でも彼女たちはどうして同じように顔をモザイクするのだろうか。

有名になりたい願望のある人なら顔を出すような気がするし、どうしてTwitterInstagramではないのだろうか。なぜ同じ服のブランドばかり紹介するのか、それがずっと気になっていた。


上手く戦略を練った個人アカウント?

都内一般OLのような感じだけど

ひと月で服をこんなに買うだろうか…?

お洋服好き?

アパレル店員さん?

ということで気になったので分析してみることにした。


もし彼女たちが作られた人格なら、

ペルソナを分析として役に立つかもしれない。



・都内OL

・25歳くらい

・可愛いものやファッション、コスメが好き

・いいにおいのものがすき

・美味しくてオシャレなお店が好き

・地方出身で10代の頃から東京に憧れがある

・好きなファッションブランドは○○

・よく遊ぶ場所は○○

・ホテル系スイーツブッフェに行く

・友達同士でよくプレゼント交換

・美容に対する意識が高い

・洋服、コスメ、エステなどの情報を流してくれる


それで彼女たちがよく紹介している服のブランドをまとめてみる。

そうすると、ブランド名は違うが大元の会社は同じということがわかった。8ブランド中、6ブランドが同じ服のメーカーである。


うーむ🤔こんなに同じメーカーのものが被るだろうか。


これは推察だが、一般人素敵OLをペルソナ化した企業マーケティングではないかと思う


彼女たちが紹介する服は新作のワンピースやニット、2色買い、ラインのバッグや靴だ。

日常の一コマを入れたり、他社製品のツイートを載せているが、普段使いのようにツイートをする。そして合間合間に企業のPRと気付かれないように広告を流す。


この服可愛い!欲しくなっちゃうとツイートすることによって彼女たちに憧れる層へ届ける。彼女たちをフォローするアカウントはそこで紹介されるものが好きな人が多いから的確なターゲットとなる


そういうツイート主に憧れて同じようなアイコンを載せたアカウントを持つ一般の人もそこに混ざる。どちらがマーケティングでどちらがそうでないか分かりづらくなることでそういうグループ層という認識を与えてマーケティングが、わかりづらくなる。


しかし、数が多すぎることと、各アカウントで同じメーカーのものが被りすぎていること、雇われたインフルエンサーの可能性もあるし、企業で作られた広告の可能性もある。


一般OLがひと月に服や美容に40万近く出せるだろうか…高給取りならもっとハイブランドになっても良いはずだが学生でも手に取りやすいブランドを選ぶ彼女たちは一体何者なのだろうか


ツイートを遡れば良いね数は多いが開始早々のツーイトに100件以上♡がつくのはいささか理論が合わない気もする…。

何者だろう、個人が見えるようで見えないツイートは私を翻弄するし、探究心を掻き立てる。なぜ、彼女たちはツイートをバズらせられるのか…

それはバズりを研究し尽くしている強いネットサービスのフォローがあるとしか思えない。

例えば渋谷にあるIT企業とか


あと可愛い洋服の切り抜きはどのように作成しているのですか。上手すぎて私もそういうふうに作りたいから教えてほしい。


これが真実かはわからないが、本当ならよく練られたマーケティングだなと思う。すごすぎる戦略。そして下準備が長期でSNS広告を育てている。フォロワーというファンがつく。PRという分かりやすいアカウントでブロックされるよりも選んでフォローしてくれた相手に広告を混ぜたツイートを流す方が見てくれる度合いも増す。


webマーケティングの一環として

メーカー独自にやる案件としては手が細かすぎる

おそらくコンサルを入れて、

IT企業の戦略のひとつ

最近のSNS運用方法なのだろう。


ステマといえば聞こえが良くないが

それに似ているけども遥かに声が届きやすい。


こんな頭のいいこと考えつく人はどんな人なんだろうか、とっても気になる。

そして、それを思いつきもしない自分に焦りを感じる。モノを売るための手法としてSNSは立派な戦略のひとつだ。私はまだ、遊びとしてのSNSしか知らない。

アピールをして行く場として、SNSの使い方を学ばなければ。


---


こんなことを考えていると、

世界は広いな〜!と思います。

ネット上で文字や写真だけで伝えるには

戦略必要だものね。


人格がブレると利用者は困惑するらしい。

それではキレキレのペルソナは…?

と考えると…ブレブレだよっ!!!


まだまだですね、でも頑張りたい!

それでは今日はこの辺で!

また明日!

今日もありがとうございました!