今日から始めるキレキレ日記

今日から始めるキレキレ日記

徒然なるままに日暮らし

Day.271 パーソナルカラーの勉強/番長とおしゃべり

こんにちは!時空をさまようキレキレです!

(過去の日記を書いててるよ!)

 

今日もパーソナルカラーの勉強

本日はモデルさんを呼んでカラー診断をしました。

パーソナルカラー診断をできるようになるために

どういう観点で判断したらいいか

その練習になります。

 

午前1名、午後1名。

どちらも私の友人を呼び、他の生徒さんと一緒にパーソナル診断をしていきます。

わかりやすい色もあれば、似合っているのかいないのか悩む色もありました。

ファーストシーズンはわかりやすいけど

セカンドシーズンは候補が2つあってどちらにしたらいいのか悩んだりもします。

 

・・・わかるようになるのだろうか?

そんな不安ばかり募ります。

悩むと言葉が出なくなったり

「う〜ん」とか言っちゃうとお客さん不安になっちゃう。

そういう時にうまい言葉がとっさに浮かばない。

 

「お似合いですね」とか

「きれいですね」「かわいいですね」

似合う似合わないの接客初体験だけどもっと上手くなりたい。

もっと色の似合う似合わないの選び方がはっきりわかるようになりたい。

それには練習しかないのだが、100人くらい見ればわかるのだろうか?

生徒さんモデル2人、今日の外部モデルさん2人、

合計4人。

あと96回やったら、もっと上手くなっていそうな気がする。

パーソナルカラーって何なんだろう。誰がみても大体同じになるのだろうか?

 

そのシーズンにがっちりハマる人もいれば

そうでない人もいる。私のようにね・・・

どこでもいける人もいるよ・・・

診断結果 春・秋・冬 をファーストに選ばれた経験のある私。

まあ、でもね、その結果をどう見るかも勉強になるし、

もしそういうお客さんがきても解決策を練れると思うんだ。

だから、ちょっと楽しみでもある。

 

それにイメージコンサルタント

パーソナルカラーが全てじゃない。

目的は「素敵な自分になること」だと思う。

カラーを理解して、似合いやすい色、似合う服のタイプ、服の形状とか

メイクや髪型など、理論やなりたい姿や客観性などでトータルして

素敵な自分、なりたい自分、見せたい見せ方をお客さんに提案するのが仕事である。

(まだ仕事してないけど。)

私が目指すのはそういうイメージコンサルタントである

そして仕草とかそういうのも学びたいな。

そしたら、キレキレこそ素晴らしい感じの人にならないとね!

自身が看板である!おもしろい、人になろう!(・・・ん?)

 

 番長とおしゃべり

番長は私の友人で幼なじみでもある

今日は午後のモデル役として来てくれたのでそのあと近場でカフェをした。

 

昨日のキレキレは、状態で言えば「葛藤」

葛藤キレキレであったのである。

 

「なにを悩んでいるの?」

という優しい番長さんの前でまた私は

漫談のごとく悩みを打ち明ける。

だって、仕方ないじゃない。どうしたって面白くなっちゃうの。

 

ーーー

 

キレキレはここ1年いろんなことをやってきた。

 

・婚活

・ダイエット(現在始めたときより-7キロ)

・メイク講座に行く

・美容皮膚科に行く

・髪質改善で美髪を手に入れる

・ダンス

・リングフィットで筋トレ

・バレエを定期的に通う

BTSにはまる

・英語やる

・FP3をとる

・イメージコンサルタントの勉強を始める

・ブログ

 

え?2020年9月にBTSに出会った?

9ヶ月でこんなに当然のような日常に・・・

BTSはコンテンツが豊富

もうBTS無しでは考えられない。ともに生きていく。

 

その中で思うのだ

1年でこんなにできるなら今までもいろいろできたじゃないか、と。

特に1番に思うのは就職してからの年月のもったいなさを感じる。

20代もっとキラキラしていたかった。という気持ちがある。

 

23歳:運良く就職できる 仕事頑張る/でもなんとなく環境になじめない(今までが天国だったため下界に降りてきた気分)

24歳:自分の力のなさを実感してくる

25歳:仕事場がだんだんストレス/と職場の人間関係が広がってくる(ん?仕事しかしてないな?)

26歳:心死んでる/大好きなアニメにはまる☺️/バレエ始める

27歳:確かデザインの学校みたいなのに通ってみてスキルアップを狙う(そんなに効力はないが、自分に自信を持てた)

28際:北欧一人旅してみる/部署移動!職場環境が変わってようやく心が解放される/職場環境の変化=心のリハビリ=人間として戻り始める

29歳:・・・私何もしとらんな、自分の人生進んでないな!このままではいかん!!!婚活始める。/マイルが余ってたのでハワイに行ってみる(理由:手持ちのマイルで行ける一番遠いところ!安直)

 

時系列に、もしかしたら間違いがあるかもしれない

20代は国内旅行と海外旅行をたくさんしていた。

お金を何に使っていたかって、旅行だったと思う。

 

同じ部署だったおじさんととってもウマが合わなかったので24〜27歳の間は心が死んでいた。その分、心をリカバリーするためにも旅行しまくっていた気がする。

 

全部思い出せるかな・・・

大分・熊本・福岡×2・佐賀×2・広島・福井・京都・大阪・兵庫・山口・栃木・群馬・

台湾×3回・デンマークスウェーデンフィンランドエストニア・イタリア・フランス

 

 

わたしは20代、なんとなく生きていた。

希望職種になれたらそれで満足してたような気がする。

もっと何かできたし、何でもやってみれたのでは?

 

22〜30歳、年数で考えると8年

2013年〜2021年

2013年というのは、BTSがデビューした年だ。

8年後、彼らはどうなっただろうか。

ご存知の通りワールドワイドになったわけで

歌も、ダンスも、対人スキルもメキメキ上がって行ったわけだ。

それには運とか才能とか、諸々あるかもしれないけど、

1番は努力だし、覚悟を持って本気で取り組んだからこそだと思う。

 

そして先日の製菓学校。

私と同じグループになった青年は、中国から留学して来年4月からその学校に入るという24歳。お菓子を食べるのは好きで買うことは多いけど、お菓子作り自体はあまりやったことがなく、手つきも経験もいまいちだったけど、2年後、彼はきっと私とは比べ物にならないほどお菓子作りが上手くなっていて、今よりもっと日本語が話せるようになっていて、プロになるために就職活動をしているのかもしれない。

 

そう思うと、2年とはそれだけ人を変化させることのできる年月なのだなと気づかされる。6年経つと学生が医者になっている。8年経つと、少年たちが世界中の人の心を元気付けて救って慰めている、そして彼ら自身もそれに救われて癒されている。

 

時は金なり、環境が人を育てる。

そんな言葉はたくさんあるけれど、もっと早くにそれを実感したいと恨めしく思う時もある。後悔先に立たず。うーん、でもこれは後悔なのだろうか。

 

その時はそのときの気持ちが全てだと思っていた。

例えば私だったら大学の頃はデザイナーになるために頑張るぞ!とか思っていたが

今では10代からダンスをやればよかったー!とか思うし

でもデザイナーになりたかったのは本当だし、

どうせなら美大に行っておけばよかった!とも思うし、

でも美大じゃなくても有名になる人はいるし、

環境が人を育てるとはいうけど本人の努力も必要だし

デザイナーになるために、本気の本気になりきれていなかった中学や高校の時の自分の気持ちを振り返ってみては、中学・高校生くらいから本気で取り組むのBTSのメンバーたちの覚悟を知れば知るほど、なんて自分は甘々の激甘カレーだったのかを思い知らされる。

 

BTSを知れば知るほど嬉しい、やる気が出る、自分も頑張ろうと思う

一方で、どうして自分は今までこれくらい頑張ってこなかったのだろうか、頑張っていれば、同じ熱量でともに頑張る人と出会えたんじゃないだろうか、なんて考えたりする。そう思ったりもするが、過去の自分の甘い心情で、その厳しい状況に立ち向かえたかを考えると、その当時の心だったらすぐ泣いてただろうな、心折れてたんじゃないか、諦めたいと思っていただろうな、やめてただろうなと思う。

 

 

 

私が小学1年か2年生のときに、姉の真似をして

軽い気持ちで書いた読書感想文が展覧会に出されることになった。

先生はもう一枚原稿を書いて欲しいと言って

算数の時間にそれを書かせようとした。

ところがそれがものすごく嫌だった。

「どうして私はみんなと同じ授業が受けられないの?」

それがとても悲しかった。(しかも楽しみにしてたおはじきの授業だった)

 

それが嫌で嫌で、書けないと言って諦めた。

(今なら言われなくてもめっちゃ書きますよ!ええ!)

その後先生は仕方なくクラス全員に私の読んだ本を読み聞かせて誰かに感想文を書かせてそれを展覧会に出したんだと思う。

まあ、先生も若かったのだ。許してあげてくれ。

 

それくらい根性がなかった、とも見れるが

私がその時に感じたのは

「普通に生きたい」ということだった。

 

普通に普通に、特別じゃなくて、目立たなくていい。

そんなことを思っていた気がする。

きっと前世は人の注目浴びて嫌だと思ったんだろうな。そんな気がする。(唐突なスピリチュアル!)

そして今世は普通に生きたいと思ったのだろう。

 

そして今、どうだいキレキレ?

・・・。

・・・。

人と違うことだーいすき♡

え?変わってる?褒め言葉♡

変?それは褒め言葉♡

 

じゃなきゃデザイナーなんていう職業目指さないでしょうよ

(デザイナー=変人じゃないからね!)

(でも学ぼうとする人たちは総じてどこか変わっていることは否定しない)

(そしてそういう場所がたまらなく生きやすい)

 

小学校低学年で嫌だったこと、

普通に生きたい思っていたこと

だいぶ真面目に、模範生として生きてきたこと

勉強もできていた

 

ん?どこからだ。どこから私は今の私に・・・

そう言えば夢で宇宙人にさらわれる夢をみたような・・・気のせいか

でも、こういう素質がもともとあったのだ。

 

舞台が好きだし、舞台に経つのが好きだ(前世は舞台関係か?)

吹奏楽狂言・君がやってきた部活は全部舞台

ダンスにどはまりする

歌も音楽も楽器も踊りも大好きだ(気づいて自分の好きなもの)

 

というわけで来年はバレエの舞台に立つことにする。お金稼ごう。

そして、ダンスも続けて楽しもう。

今世でBTSの研究をしてどうすれば上達するかとか魅せ方を学んで、

来世はアイドルを目指そう。

物心ついた時から将来の夢はアイドルにする。

 

 

それでだ、私には今までBTSや韓国アイドルを目指す少年少女たちのように、

ひたむきな努力と覚悟がたりてなかったということも実感している。

いいね!いいね!そういう心大事!

 

そしてちょっといつもより多く、真面目に仕事に取り組んでいるキレキレだが、

依頼案件で褒められる

「あの〇〇めっちゃ評判いい」(うふふ!うれしい!)

「えー!こんなに可愛くしてもらって、感動して言葉でない!」(え、ちょっとまってあなたの笑顔が可愛すぎて眩しすぎるんですけど、あとそういう風に言えるっていうのが、ああ!これがモテってことだよ!文句なしにかわいい!100点!!!)

 

対女性に対して可愛いとか思いすぎる節があるけど決して言い過ぎではないと思う。

あとBTSもものすごく可愛い!

 

それでは、終わります!

また明日!

お読みいただきありがとうございました!